ツンデレ彼女

学校帰り、俺はいつもの公園に呼び出された。「ねえ、賢ちゃん・・私ね、ずっと・・・好きだったの。」

 

いつも男っぽい佳織が、頬を赤らめて俺に言う。小さな紙袋の中には、可愛くラッピングされたチョコレート。「手作りなの・・・、た、たべてくれると・・・うれしいんだけど」

 

可愛い手袋をした手で、不器用に俺に差し出す。いきなりのことで動揺してしまい、俺はただそれを受け取るだけだった。「返事・・・、ホワイトデーにちょうだい」

 

そういって、俺にくるっと背を向け走り出す。当時中2だった俺達は、保育園からの幼馴染。家も近所で、3歳から一緒に育ってきた佳織からのいきなりの告白。

 

俺は、どうしていいかわからなくなった。その日は頭が真っ白になって、何も考えられなかったが、なぜか頬を涙が伝っていた。ただ、菓子を作るのが得意な佳織が作った生チョコは、俺も一緒に溶けてしまうんじゃないかと思うほど美味しかった。

 

少しでも佳織の事を考えると、俺は壊れてしまいそうで、極力考えないようにした。家も近いのに一緒に学校に通わなくなった。だんだん冷静に考えられるようになったときには、もうホワイトデー。

 

俺は断った。断らなければならない理由があった。当時、俺はいじめられていた。原因は、とある男子が女子に告白したところ、俺が好きだという理由でフられたことらしい。

 

受験を心配してなのか、表では普通に過ごしているが、毎日のように裏で受ける暴力・・・、腹や背中にはたくさんの痣や傷があった。それに佳織を巻き込むわけにはいかなかった。情けなくて、自分がみっともなくて、おかえしのキャンディーを渡して「ごめん」といった後すぐ走り出し、自分の部屋で泣いた。

 

その日の夜、佳織から電話があった。理由が聞きたい、と。俺は、本当のことが言えなかった。「お前のこと、ほんとに大切な・・その、・・親友だと思ってるんだ・・・。だから・・・・」

 

『だから』といったものの、その先は何も思いつかない。受話器のむこうから、佳織の泣き声が聞える。「・・・ごめん・・。」

 

「・・・・・謝らなくていいよ、私こそごめん・・・」「・・・明日から、普通に喋ってくれよ。」「うん・・・」

 

電話を切った後、俺は泣いた。女っぽい行為かもしれないが、佳織と一緒にゲームセンターで取ったぬいぐるみを抱きながら泣いた。涙が枯れるまで泣いたと思う。もうカーテンのすきまからは朝の光が差し込んでいたし、新聞配達の単車の音も聞えてきた。

 

その日、俺は学校を休んだ。泣きすぎて酷い顔をしていたからだ。ぎこちない感じこそあったものの、日に日に佳織は以前の佳織に戻っていった。俺も、少しずつ以前と同じように接することができた。

 

それからは何も無く、俺達は同じ高校に進学した。少し距離があるが、いじめから開放されるために俺は遠くの高校に行きたかった。佳織は将来の夢をかなえるために、その高校を選択したらしい。

 

入学式、俺達は全然くたびれていない制服を着て登校した。「―――あ、同じクラスじゃん」「ほんとだね、クサレ縁?(笑)」

 

「そうとしか言いようがないな・・・」そんなことをブツクサいいながら、同じ教室に入る。周りの奴と絡もうともせず、俺達は好きなアーティストについて盛り上がった。

 

「でさ、あのアルバムはやっぱハズレだと思うんだよね」「ああ、それ俺もおもった。なんか、らしくないよな」「そうそう!!やっぱあの賢ちゃんが一番最初に聴かせてくれたアルバムが・・・」

 

そんな話をしていると、俺達のところに女子数人が来た。「ねえ、何中?」「○○だよ」

 

「へ?・・・付き合ってんの?」俺達は一瞬硬直した。俺は何も言いたくなかったので、佳織にまかせようとおもった。一瞬俺の方をチラっと見たが、「え、そんなんじゃないよ。」と、佳織はかわす。

 

自分からフったのに、「そうか、俺達なにもないのか・・・」と、妙に落ち込んでしまった。その後は普通にいろんな奴と「あいさつまわり」的な会話を交わした。いろんなやつと喋ったが、やっぱり佳織と2人で居るほうが落ち着くな・・。

 

それから月日は流れ、俺達は高校3年生になっていた。2年でクラスがはなれたものの、また3年で同じクラスになれて、俺は嬉しかった。身長は日を重ねるごとに俺の方が高くなり、佳織は167cm、俺は179cmで、お互いに随分目立つようになっていた。

 

バスケ部の中で、恋愛の事でいろいろ事件があったり・・・3年になるまでに、俺は4回、佳織は5回ほど告白を受けたりしたが、全て断った。俺の気持ちは、あの時と全然変わっていなかったからだ。

 

佳織の気持ちがどうなのかはわからなかったが、俺は受験が終ったら告白しようと思っていた。俺も佳織も得意分野が同じだったために、俺たちの志望校も同じだった。お互いの家で勉強を教えあい、たまにバスケで息抜きをしながら受験勉強に励んだ。

 

そして、ラストスパートをかける時期になり、学校と家を往復して勉強するだけの生活を送った。そんな中、久しぶりに佳織からメールがきた。『明日の夜、賢ちゃん家行くから家に居てよ。』一方的なメールだが、なんか可愛い。

 

しかし、何で来るんだ・・・?と、疑問に思っていた。「おじゃまします。」「あら、佳織ちゃん!久しぶりじゃない!あがって、賢、部屋に居るから」

 

「ありがとうございます」そんな声が玄関から聞え、佳織が部屋に入ってきた。「やっほう。」

 

「ん。」と俺は、参考書を開きながら頷く。「佳織、どうしたんだよいきなり。なんか用事でもあんのか?」「そういうわけじゃないんだけど。」

 

「じゃあ勉強しろよ!(笑)」「カレンダーぐらいちゃんと見ろ!馬鹿!!」そういって、俺に紙袋を突き出す。

 

「・・・あ?・・・・・ぁああ。」バレンタインデーだった。勉強の事で頭がいっぱいで、すっかり忘れていた。「本命?」と、にやけながら冗談交じりに聞く。

 

「・・・だったらどうする?」と、佳織。「んー、・・・OKするに決まってるじゃんか」「冗談はもういいよ(笑)」

 

「冗談じゃないって。本気。」じっと佳織を見つめると、顔が真っ赤になっている。そして、ポロポロと涙を流し始めた。

 

「だって・・・・だって、あの時だめだっていったから・・・今日は、ただ受験がんばろーって励まして帰ろうっておもってたの・・・・・・。賢ちゃんのことは胸に閉まって、新しい恋しようって思ったりもした・・・

 

でも・・・無理だったの、私、賢ちゃんじゃないと・・だめなの・・・・・・・・それでもいいの?」俺は、本能的に佳織を抱きしめた。

 

「俺も、好きだった。ずっと。でも、○○たちといろいろあっていじめられてたから、それにお前を巻き込みたくなかったんだ。ごめん・・・。」「え・・・?うそ、そんな話聞いてないよ!」「嘘じゃないんだ・・。」

 

俺は、胸の辺りに残る痣を見せた。佳織は、声をあげて泣いた。俺はそれを強く抱きしめるしかなかった。佳織の気持ちもおさまってきた頃、俺達はバスケットボールを持って寒空のなか公園に居た。

 

「・・でも、意外だったな、そんなことがあったなんて」佳織が俺にパスする。「こんなこと言うのかっこわりいだろ?あいつら○○高校の連中と仲良かったからな、さすがの俺でも抵抗する気になんなかったんだよ。

 

・・・お前に言ったら、○○たちぶっ飛ばしに行きそうだしさ(笑)」佳織をかわしながら、ゴール。「そんなこと・・・・しないわけないじゃん。(笑)」

 

そのボールを持って、佳織がドリブルをはじめる。大きな胸が走るたびに揺れて、そっちに目が行ってしまう。そして、佳織と目が合った。普段ならなんでもないのだが、やはり意識してしまう。

 

「・・・佳織」「なに?」「付き合うのか?俺達」

 

「ん?・・・」佳織はスリーポイントシュートを決めた。「ナイス!」

 

「・・・・あのね、賢ちゃん。付き合うの、受験、終ってからにしない??どうせもうすぐだし、今付き合っちゃうと・・なんか・・・・・。」「・・・ああ、そうだな」そのあと3ゲームほどしてクタクタになり、『そろそろ帰ろうか』なんていいながら自販機で温かいものを買おうとしたら、いつものクセでアクエリを買ってしまった。

 

「ふふっ、バカだね?」「最近バスケやってねえから、体がやりたがってんだ多分(笑)」「私もだよ・・・完璧にナマっちゃってるよね。」

 

そんなことを話しながら、お互いの家に帰った。部屋に戻って、紙袋からチョコを出す。白と銀のリボンに、真っ赤な包み紙・・・

 

あのときと同じラッピングだ。そして中身も同じだった。四角くカットされた生チョコをひとつ、口に入れる。何故か、涙があふれてきた。

 

甘くて、ほろ苦くて、でも口の中に溶けて広がると幸せな気分になる味・・・バスケ部の部長としてお互い頑張った最後の試合も、文化祭も、普段の学校生活も、俺はあいつが居たから頑張れた。あいつが、ずっと俺を好きで居てくれたから頑張れたのかもしれない。

 

俺は決めた。受験が終ったらすぐ、プロポーズしようと。受験当日の朝、俺と佳織は電車で受験会場へと向かった。そして試験を終えた後、会場で俺はこう言った。

 

「なあ・・・ちょっと、飯食いにいかねぇ?」「いいよ、私もおなかすいた・・・」「俺、おごるよ」

 

「ありがと!」オシャレなイタリアンの店に入って、俺達はピザとパスタを堪能した。ここで告白しようと思ったのだが、どちらかが泣いてしまうと店に迷惑だろうと思ってやめた。

 

そして家に帰ろうとすると、佳織が足を止めた。「ねえ・・・うち、寄っていかない?」「・・あぁ。」

 

久しぶりに入る佳織の部屋、相変わらずシンプルで、衣服などはシルバーラックに綺麗に収まっている。「相変わらず綺麗にしてんなー。」「そう?」

 

「ああ、俺の部屋なんてゴミだらけだしな・・・」そんなことを言いながら、ソファに腰掛ける。CDを流し、佳織が隣に座った。「・・・なぁ、佳織・・。」

 

「何?」俺は上着のポケットから小さな箱を取り出した。中身はもちろん指輪だ。「はい、これ」

 

「・・え?」「その・・・・えっと・・か、佳織が・・、す、好き・・だ。大学出たら、・・・その・・、結婚してほしい。」

 

佳織はかなり驚いている様子だったが、俺の肩にもたれ掛かってきた。「あーあ・・・まだ大学に入学もしてないのに、将来の夢が叶っちゃった気分だよ・・・」「え?おまえって○○(職種)になりたいっつってただろ?」

 

「違うよ・・・・その、えっと・・・賢ちゃんのお嫁さんになることだよ。」その一言に愛らしさを感じた。俺は佳織を抱きしめ、「好きだ。佳織・・・愛してる」と呟いた。佳織は泣き出した。

 

「待たせてごめんな、辛い思いさせて・・・・・」「いいの、私・・・今すごく幸せだから・・・・。ありがとう、賢ちゃん・・・・」

 

数週間後。「賢ちゃん!!賢ちゃん、合格だったよ!!!」と、封筒を持って俺の家にかけつける佳織。俺は暗い表情で跪き、「ごめん、俺・・・俺・・・・・・、」と言う。

 

「え・・・・賢ちゃん、・・・・・まさか・・・・・・・」佳織の声が震えている。「賢ちゃん・・・なんか言ってよ、ねえ。ねえ!嘘でしょ!?嘘だよね!?」

 

「ああ。嘘だ(笑)。」合格通知を見せる。佳織は嬉しいんだかむかつくんだか、って感じの微妙な顔で俺を睨んで、近所中に響き渡るんじゃないかと思うほど大きな声で「賢ちゃんのバカ!!!!!!!!!!」と叫んだ。

 

そんなに遠いわけでもないんだが、自宅から大学まで距離があるため、俺達は部屋探しを始めた。「ねえ、ここどう??家賃も間取りもいい感じだと思うんだけど・・・」「俺はこっちのほうが好きかな?」

 

そんなことを話しながら、俺達は雑誌を広げる。俺達は両方の親に何もかもを話し、承諾を得た上で同じアパートで暮らすことが決まっていた。「佳織がひとりだと心配だから丁度いい」

 

「賢がひとりだと外食ばかりになるから丁度いい」と、両親も大賛成。小さいうちから家族ぐるみの付き合いしててよかった・・・。さすがに同棲まで申し出る勇気は出なかったので、できるだけ近い部屋にしようということになった。

 

「わぁ、ここが私の新しい部屋かぁ?!」荷物を置いて、佳織が言う。「まえ一回見に来ただろうが、そんな感動すんなって(笑)」と俺。「そういうことをいわないでくださいー」と俺に詰め寄る。

 

「わかったわかったって。さっさと荷物片付けろよ。俺は自分の部屋の荷物片付けてくるから。」「は?い。」

 

俺の部屋は、佳織と同じ階の、3つほど隣だ。その日の夜、俺は佳織の部屋で、飯を食った。もちろん佳織のお手製。ロールキャベツ、鮭のムニエル、スイートポテトが、新しいテーブルに並ぶ。

 

「おいおい、めっちゃ豪華じゃんか。毎日こんな料理作ってたら金いくらあっても足んねーぞ?」「今日だけに決まってるでしょ!明日からは節約生活だよ(笑)。」これからのことについて、俺達は美味い飯を食いながら色々語り合った。

 

飯を食べ終わった後俺はソファーでテレビを見ながらくつろいでいると、食器洗いを終えた佳織が横に腰掛け、俺にもたれかかる。「重い!」「失礼な!!!」

 

佳織の手には、あのときの指輪が輝いている。自然と、佳織と目が合った。俺も佳織も、目をそらさない。そのまま距離はどんどん近づき、俺達はキスをする。

 

軽いキスだったのが次第に深くなり、そして、お互い初めてなので、ぎこちなく舌を絡めあう。佳織は俺の首に手をまわし、俺は佳織を抱き寄せ、もっと距離を縮めた。昔と比べて大きくなった佳織の胸が、俺の体にあたる。それが余計に俺を興奮させた。

 

無意識に、俺は佳織の胸を触った。「ん・・・っ」と、恥ずかしそうに声を出すが、抵抗しない。それがたまらない。「賢・・・ちゃんっ・・・・・・」

 

荒く息をしながら、俺の名前を呼ぶ。「・・・嫌か?」「・・・・ううん、そんなことない」

 

俺達はまた唇を重ねた。ねっとりとしたディープキスをしながら、俺は佳織のセーターの下に手を入れた。ブラのうえから胸を触る。「ぃや・・・・。」と小さな声で言ったが、本気で抵抗する気はなさそうだ。部屋は暖房で充分温かい。

 

俺は、佳織のセーターを脱がせた。黒色のレースが佳織の大きな胸を包み込んでいた。初めて見た佳織のオトナっぽい下着姿に、俺はかなり興奮した。

 

下のカーペットに押し倒し、キスをしながら胸を愛撫する。フロントホックのブラをはずすと、綺麗な胸が姿を現した。思わず俺は、ピンクの乳首にしゃぶりついた。

 

「あああっ賢ちゃん、恥ずかしい・・・・」もう片方の手で乳首をコリコリと摘むと、佳織の息は一層荒くなった。「賢ちゃん・・・賢ちゃんっ・・ぁん・・・・・・」

 

童貞処女コンビなので、どっちがリードするとかもなく、正直このあとどうすればいいのかもわからなかったが、とにかく佳織の可愛い声を聞きたい一心で、俺は佳織の体を愛した。「賢ちゃんっ・・・・・ま、待って・・・・・」「ん?どうした?」

 

「あの・・・・・えっと・・・コ、コンドーム・・・・」「やべえ、持ってねえや」「買いに・・・・・いこっか?」

 

俺達は上着を羽織って、外に出た。コンビニに向かおうとすると、佳織が俺の腕を引く。「こっちのほうが近いよ・・・」アパートの裏の道を行ったところに、コンドームの自動販売機があった。

 

「さっき買出しに来たとき迷っちゃって・・・みつけたの」「そっか」何種類かあってどれがいいのかわからなかったので適当に買って部屋に戻り、交代で風呂に入る。

 

そして、どちらからでもなくキスをして、さっきの時間を埋め合わせるかのように、またお互いを愛し合った。俺はもうガマンできなくなって、ジーパンを脱いだ。「俺だけだと恥ずかしいから・・・、お前も脱げよ」

 

恥ずかしそうに頷くと、彼女はするっとジーパンを脱いだ。バスケで鍛えられて引き締まった太ももとウエストを愛撫し、キスをしながら俺は佳織のマンコに手をやった。「あんっ」といって、ビクっと震える。

 

顔を見ると、かなり恥ずかしそうな感じだったが、俺は気にせず行為を続けた。ブラとお揃いのパンティのうえからなぞっただけでも、「ぬるっ」とした感覚が俺の指先に走る。撫でたり指でいじったりしているうちに、パンティが湿ってきた。

 

俺はパンティの中に手を入れ、ダイレクトに触った。割れ目に沿って中指でなぞると、「やぁんっ」と、高い声をあげた。くちゅくちゅといやらしい音を立て、俺の興奮はさらに高まっていく。

 

「ん・・・ぁっ・・・あんっ・・・・・賢ちゃん・・・賢ちゃんっ・・・・・」俺の背中に爪を立てて、声を出すのをガマンする佳織。俺の中に「早く挿れたい」という思いが膨らんだ。

 

首筋をつつーっと舐めあげ、耳元でささやいた、「挿れて・・いいか?」と。少し躊躇しながらも、佳織は「いいよ・・・」と俺に言う。さっき買ったコンドームの袋をあけ、不慣れな手つきでギンギンになった俺のモノにかぶせた。

 

そして、マンコに俺のモノをあてる。「はぁあああ・・っ」と、息を漏らす佳織。少し不安そうな表情をしている。少しくぼんだところに行き着き、『多分ここだ』と思った俺は、すこし腰を落とした。

 

少しずつ入っていく感じがしたので、そのまま腰を沈めていく。「いっ・・・・・・たぁ・・・・・・・・」と、佳織は顔を歪める。かなりガマンしている感じだ。

 

しかし、気持ちいいが、俺も痛い。俺のは強化合宿や修学旅行でみんなに驚かれるほどデカいし、佳織は処女だし・・ということもあって、潰れるんじゃないかと思うぐらい痛かった。全て入りきったところで、俺は佳織の唇をふさぐ。「ごめん、抜こうか?」

 

「い、いいよ・・・・・・大丈夫・・・」「気持ちいいよ・・・・佳織・・・・・・」少し抜いて、また挿れる、その動作を繰り返すうち、佳織は痛さからではなさそうな声をあげ始める。

 

そして、接合部分はヌチャヌチャといやらしい音を立てはじめた。今まで味わったことのない感触、そして気持ちよさ・・・俺は快感にのまれたように、腰を振った。

 

「賢ちゃん・・・・賢ちゃん・・・・愛してるっ!・・・あんっ・・」と、女っぽい声で俺の名前を呼ぶ。「佳織・・・、佳織っ・・・お、俺も・・愛してるっ・・うっ・・・・」と、それに答える。

 

腰を動かすたび、俺のモノを快感が襲う。その快感がもっとほしくなり、俺の腰の動きはだんだんと激しさを増す。「あんっ賢ちゃんっ賢ちゃん、あっ、あっ・・あっ・・・んぅ・・・」

 

「ああ、やべえキモチイイ!」と、思わず俺は声をあげた。そのあと4分もたたないうちに俺はイった。この日、結局俺は佳織の中で5回ほどイったと思う。

 

日が昇りはじめ、カーテンのすきまから朝の光が差し込む頃・・・俺達は、ようやく風呂に入った。2人で体を洗いあいっこしたり、泡を付け合ったり、一緒にちっちゃい浴槽に入ってお湯をかけあったり・・・・

 

もう戻れない『あの頃』を思い出した。小学生のときなんかは、何の恥じらいもなく一緒に風呂入ってたからな・・。触れ合う白い肌の感触がとても気持ちよくて、俺は不覚にもまた勃起してしまった。

 

「あ・・・大きくなってる。」と、佳織が言う。「仕方ねーだろ・・お前が横に居るんだから。」「・・・そっか。」

 

「おう。」「・・・・・ねぇ、」「なんだ?」

 

「・・・・フェラとか・・・してほしかったりする・・・?」「!?」本気でびっくりした。佳織がこんなこというとは思ってもみなかった。

 

「やだったら・・・いいんだけど。」「おまえは、したいのかよ?」「・・・どっちでも。」

 

と、お互い恥ずかしすぎて訳の解らない会話になる。というか、どっちも意地っ張りなので本当のことが言えなかっただけかもしれない。仕方ないので、俺は言った。

 

「・・・・無理してまでそういうことやってほしいとは思わねえよ、俺は性欲の捌け口みたいにしようとおもって付き合ってるつもりねえし。」佳織の頭に手を置いて、さらさらの髪を撫でる。「ふふっ・・・そっか!」と、なんか嬉しそうに笑う。

 

そのあと、かなり疲れたのか、俺達は夕方ごろまでぐっすりと眠った。入学してまもなく、俺達はバスケのサークルに入った。同じサークルの吉村先輩が佳織のことをやたらと気に入ってしまって、俺は何かされないかいつも心配していた。

 

小柄で、どっちかっていうとギャル男っていうかチャラチャラしてるっていうか、そういうタイプの男だ。「佳織ちゃん、今日合コンやんだけどさ、人数足りないんだよね?♪」とかいって、たびたび佳織を遊びに連れて行こうとする。

 

先輩にはキツく言えないのか、佳織はいつも困っていた。「おい、佳織!バイト遅れるから先いくぞ!」「あ、まってよ賢ちゃん・・・・先輩、ごめんなさい?」

 

いつもこんなことをいって適当にごまかして、先輩をかわしていた。そんなある日、とんでもない出来事が俺達、というか佳織を襲った。課題のことで先生と話をしていた俺に佳織は『先に行ってるからね!』と言って、バスケの練習に行ってしまったのだ。

 

俺はそのあといつものように部室に行ったのだが、佳織の姿は見当たらない。他の奴に聞いてみても、『さぁ?わかんない、ごめん・・』と返ってくる。コートに行ってみたが、サークルの奴は何人か居たものの、そこにもやはり佳織の姿はなかった。

 

それで、いつもボールを片付けてる薄暗い倉庫に行ってみた。いつもは外側から鍵がかかっているんだが、なぜか鍵が開いている。誰かが先にボールをもって行ったときに掛け忘れたんだろう、と思っていた。

 

しかし、ドアは開かない。内側から鍵がかかっているのか・・・?そう思って、俺は裏側の窓にまわった。やや小さいが、無理したら中に入れないこともない。中がむさるのでいつも少しだけ開いている窓に耳を当てる。

 

かすかだが、倉庫の中から聞き慣れた声がする。『中に佳織が居る』直感で俺はそう思った。他に誰が居るのか、何のためにこんなところに居るのかも全然わからなかったが、俺はとりあえず佳織のことが気になった。

 

窓を全て開き、静かに中に入った。薄暗い倉庫の奥から、佳織の声と、男の声が聞える。・・・・あの声は、多分吉村先輩だ。

 

俺はいきなり不安になった。『まさか』・・・・そこから先を考えたくなかった。一歩ずつ足を進めると、佳織の声が徐々に鮮明に聞えてくる。「せ、せんぱいっ・・・やめてくださいっ!!痛い、痛いっっ!・・・・・いやぁっ・・・」

 

はっきりそう聞えた。俺は一目散に走った。目の前に広がった光景を俺は信じたくなかった。佳織は無理矢理ジャージを脱がされ、タンクトップとブラをまくりあげられて、片方の乳首をしゃぶられ、もう片方の乳房を強く揉まれていた。

 

もう片方の手は、・・・・パンティの中だ。「おい!やめろよ!!!」と、俺はおもわず叫んだ。「け、賢ちゃん・・・・・」ひどく涙で汚れた顔で俺を見る。

 

「何・・・やってるんスか・・・?吉村さん・・・」「え、何っておまえ、いつまで誘ってもダメっていうからガマンできなくなってさぁ。お前はいいよなあこんな女と毎晩ヤれるんだk」

 

聞き切る前に、俺は小柄な吉村さんの胸倉をつかみ、そのまま持ち上げたあと、地面に叩きつけた。そして、頭をギリギリかすれて、地面をおもいっきり踏みつけた。「2度とこんなことしてみろ・・・・今度は・・・はずさないからな・・・・」

 

震えが止まらなかった。殺してしまいたかった。しかし、今そんなことしても、佳織には余計辛い思いをさせるだけだと思った。自分を制御できるうちにここを出よう、と思った。

 

とりあえず何かされるとまずいので、腹におもいっきり蹴りを入れて、吉村さんがうずくまっているうちに佳織に近づいた。「ごめん、気付かなくて・・・・」そういって佳織を強く抱きしめたあと額にキスをして、乱れた服を直した。

 

「あ・・・ありがとぅ・・・・・・」まだ泣き止んでいない佳織の手を引いて、外に出た。佳織はタオルで顔を隠していた。

 

「俺、部室に鞄とりにいってくるわ。佳織のも持ってきてやるから、ここで待ってな?」『こくり』と頷く。俺は急いで部室に鞄を取りに行き、佳織のもとへ戻った。

 

「待たせたな。・・・アパートかえっぞ。」「うん・・・」少し落ち着いたのか、もう泣いている様子は無い。・・が、目は真っ赤だ。

 

「あ、ちょっと待って。」「ん?どうした?」「吉村さん・・・・に、・・・・ね。」

 

そういって佳織は倉庫の中の吉村さんのところに行った。そして、まだ腹を抱えて痛がっている吉村さんに声をかける。「先輩!」かなり怒っているかんじだった。まぁ、無理はない。

 

「ゲホッゲホッ・・・・か、佳織ちゃん。ご・・・ごめ・・・・・」半笑いで、たいして反省してもいないようすで佳織に言う。「土下座してください。生半可な謝罪なんていらないんです!!」

 

昔からかなり気が強い佳織、近所のヤンキーが夜中にバイク乗り回してるとすぐ文句言いに行ったり、生徒に手を出そうとしていた先生のことを校長に話しにいったり、不登校になった女子の事を十数人のいじめっ子に1人で問い詰めて謝罪にいかせたり・・・とにかく、すこしぐらいのことでへこたれるやつじゃない。いまはもう『良い主婦』ってかんじだが、佳織のおばさんも昔は結構すごかったらしいからな。

 

娘にもそういう血が流れているのだろうか・・・。『さすが・・・』と思ってみていると、先輩はすんなり土下座した。「ほ、ほんと・・・もうゴメン、もうしないから・・・」

 

反省の色なんてどこにも見えないが、とりあえず吉村さんは土下座をした。「・・・頭あげてください、先輩」少し穏やかな声で佳織は言った。許してもらえたと思ったのか、吉村さんは頭をあげる。

 

すると、佳織は思いっきり左手をふりかぶって、吉村さんの右頬にビンタを張った。「ざけんな!!!『もうしないから?』・・・馬鹿じゃないんですか?そんな言葉信じられませんよ。変態!」そういって、佳織は吉村さんの髪を鷲掴みにし、顔面におもいっきりパンチを入れた。

 

バスケで鍛え上げられた体が繰り出すパンチは、俺でも耐えられない痛さだ。それに、いまのは思いっきり入っただろう・・、「うわ?・・・」と俺はおもわず目をそむけた。鼻血を出してのぼせる先輩、佳織は鼻で笑って外に出た。

 

こいつとは絶対に喧嘩しないほうがいい、と俺は今まで以上に強く思った。まだ涙で濡れていた顔を洗ってだいぶ落ち着いた様子の佳織を連れて、俺はアパートに帰った。俺の部屋にふたりで入った・・・が、なんて声をかければいいのかわからない。

 

すると、『ぎゅっ』と俺に抱きつき、涙声になりながら「こ、怖かったよぉ・・・・・」と言う。なんか吉本にこんなネタあったな・・・と一瞬思ったが、俺は佳織を強く抱き締めた。とりあえずシャワーを浴びたいといっていたので、風呂に湯をためて、佳織は風呂に入った。

 

風呂からあがってきた佳織に俺は言った。「ごめんな、行くのが遅くなって・・・・」「賢ちゃんが悪いんじゃないよ・・・」

 

俺は佳織の頭を撫でて、ふたりでベットに腰掛けた。一旦立ち上がり、佳織が大好きなミルクティーをもってベットに戻る。「まぁ、飲めよ」と、俺。

 

「ありがと・・・」といって、ミルクティーを飲み始める。そして、今日のことをぽつりぽつりと話し始めた。どうやら、『ちょっと肩痛めちゃってさぁ、テーピングしてくれない?』と、テーピングの講習に何度か通って一通り覚えている佳織に頼んだらしい。

 

そして鍵を閉められ、中で無理矢理犯されかけた。抵抗しようとおもったが、『賢がサークル続けられなくなってもいいのか・・・?』という一言に、押さえ込まれたらしい。「そんなの、全然かまわねぇのに・・・・・」

 

「でもっ・・・・・・」「あのなぁ・・佳織、俺がサークルでバスケできなくなることと、お前が傷つくこと、どっちが嫌か、わかってくれるだろ?」「・・・。」

 

「俺は・・・その・・、お前が幸せで居てくれることが、俺にとっての幸せなんだよ。だからさ・・・・」何を言っているのか自分でもよくわからなかったが、佳織が俺に『ギュっ』と抱きついてきた。「賢ちゃん・・・・賢ちゃん・・・・・・・」

 

ただそういって、佳織はまた泣いた。そして、黙ってジャージを脱ぎ始めた・・・バスケをやるつもりだったからか、シンプルな下着だ。

 

「おい・・・佳織?」鎖骨の下あたりに、赤い跡が残っている。「け、賢ちゃんが・・・消してっ・・・」

 

切なそうな顔で、俺をじっと見つめる。俺は何かが切れたように佳織を押し倒し、佳織の体をむさぼるように愛した。ブラを外し、胸全体を丹念に舐めあげ、そして乳首を吸う。

 

「ぁんっ・・・はぁ・・・・・・んぅ・・・・・」片方の手で乳房を揉みながら、乳首を優しく噛み、舌で先を転がすと「あぁぁああっ・・・・」と、高い声をあげる。頭の中にある吉村さんへのイラつきとか、早く行ってやれなかった自分へのイラつきとか、全て佳織への行為にぶつけた。

 

佳織を裸にして、自然と俺の顔は下に降りて行く。そして、マンコにたどり着いた・・。「賢ちゃんっ・・・恥ずかしいよ・・・・・」

 

その言葉も無視して、パンティのうえから舌で割れ目をなぞる。「あぁあん・・・ゃん・・・・・」そうとう恥ずかしいのか、顔を手で隠してしまった。

 

しかし俺は、行為を続ける。パンティを脱がし、そこ全体をべろ?っと舐める。そしてクリトリスを舌で転がし、弄ぶ。

 

「ふぅん・・・・ぁ・・・やぁっ・・・・・」腰がビクンと反応する。そのまま舌の位置を下げていき、膣のまわりの愛液をぺろぺろとなめまわす。

 

ピチャ・・ピチャッ・・といやらしい音が部屋に響いた。そして、あふれ出る愛液を、ズチュッ・・ジュバッ・・・と音を立てて吸った。「はぁぁっ・・賢ちゃん・・・んぁああああ・・」

 

佳織の喘ぎ声は一層大きくなる。俺は、ただそのピンクの割れ目を狂ったように舐めた。「ねぇ・・・・挿れて・・・・・」と、佳織は言う。

 

断る理由などない。さっさとコンドームをつけ、ずずっと挿入する。激しくピストン運動をくりかえしているうち、佳織の声はあがっていく。俺は佳織を抱き起こして座位の姿勢に持っていき、腰を振った。

 

「あぁあああ・・・ゃぁ・・・・いいっ、、あん・・・あああああぁぁぁぁっっ!!!!」佳織は激しくうしろにのけぞって、そのあとすぐグッタリしてしまった。「・・・イったのか・・・・?」

 

「ん・・・うん・・・・た、多分」「そっか。」深いキスをして、また俺は腰を振りはじめる。

 

そして、俺は佳織を強く抱き締めながらイった。こんなに佳織のことを考えないで、怒りを性欲に変えて佳織にぶつけたセックスは、後にも先にもこれ一回きりだ。・・・時間はもう深夜をまわっていて、佳織は風呂に入るから、と俺の部屋から出た。

 

佳織のハブラシとかも置いてあるんだから、ここの風呂に入ってそのまま寝ればいいのに、というと「女の子はいろいろ必要なんだよ!」とか言っていた気がする。多分あれだ、俺の風呂場には佳織のシャンプーとかは切らしちゃってて、シーブリーズのもんしかないから拒んだんだな(笑)。佳織が部屋に入るのを見送って、俺も風呂に入った。

 

そしてすぐ寝てしまったんだが・・・・朝、携帯を見ると佳織から10件ほど着信が入っていた。マナーモードにしていたから、全然気付かなかった。

 

何かあったのか?と思い、すぐに電話をかけた。「おい、どうした?」「ん・・あのね、昨日、風呂入った後窓開けて夜風に当たってたらね・・・

 

外に先輩が居てさ・・・にやにやしながらずっとこっち見てるの・・・・。そのあとチャイム鳴って・・・・ずっと無視してたんだけど・・・・・・。」「・・・まじかよ」

 

「う・・うん。」こんなことがある日が、2週間ほど続いた。吉村さんは学校を探しても居なかったので、どうにもしようがなかった。

 

頭がイカレてんのか?と思ったが、とりあえず先輩をなんとかするより、佳織が安心して生活できるようにするべきだと思った。佳織と電話を切った後、俺は少し考えた後に佳織の自宅に電話をかけた。「はい、●●でございます」

 

「あの、●●賢ですが、・・おばさんですか?」「あら賢ちゃん、お久しぶりね。どうかしたの?」「はい、あの・・実は・・・」

 

さすがに倉庫で襲われたことまでは言わなかったが、危ない先輩が居て、佳織はそうとう苦しんでいるということを伝えた。「あら・・・そうだったの」「はい、それで・・夜もあまり眠れないみたいだし、俺も心配なので、ちょっと落ち着くまで佳織の部屋を空けて、2人で一緒に住みたいんですけど・・・だめでしょうか?」

 

「あらあら、そんな・・・賢ちゃんはいいの?」「もちろんです、俺もそのほうが安心ですから。それに、おばさんに似て料理も美味いし、助かるんです(笑)」

 

「賢ちゃん嬉しいこといってくれるじゃない!・・じゃあ、迷惑かけちゃうけど、あの子の事お願いね。」「はい、では・・・」そのあと、うちの親には適当に説明して、俺達は一緒に住む事になった。

 

さすがに2人分の荷物全部は俺の部屋には置けないので、佳織の部屋は、荷物を置いたり、バイト先や友達と遊ぶための部屋にして、俺の部屋で暮らすことになった。さっそく次の日、俺達は『ひっこし』をして、筋トレのために置いてあった器具や、大量の本を佳織の部屋に運ぶ。そして・・・いつのまにかバレンタインデー。朝から俺は無理矢理部屋から追い出された。

 

「7時ジャストに帰ってきてよ!!」「了解?」あまり金を使いたくなかったので、俺は本屋に行って立ち読みしたあと、映画を見て、残りの時間は佳織の部屋の掃除に当てた。

 

最近いろんなやつが遊びに来るので、ちらかっていたからだ。携帯のアラームが18時55分を知らせる。俺は掃除の道具を片付け、ちょうど7時に家についた。

 

「ただいまー」「おかえり?♪」なんだか嬉しそうだ。

 

部屋のキッチンからは、いい匂いが漂ってくる・・・・。綺麗にセットされたテーブル、そこにならぶ豪華なディナー。キッチンにいって、あまっていたおかずに手をつけようとしたら、佳織が俺の手をピシっと叩いた。

 

「先に、手洗いとうがいしなきゃだめでしょ!!!」『ごめんなさい、お母さん』と冗談でいいながら、俺は手を洗って席に着く。「今日はねぇ?、きのこのパルメザンチーズ揚げ、シチュー、鯖のマスタードソース焼き・・・・・・」といいながら、一流レストランで出てきそうな料理を指差す。

 

「っはーーー、ほんとおまえすごいな!」と、毎度の事ながら思わず感心する。佳織に頼りっぱなしな俺、未だに味噌汁とカレーぐらいしかまともに作れない。それに比べて、佳織は市販でいろいろ楽に作れる『○○の素』も使わずに料理するんだから・・。

 

おばさん、いい娘さんに育ててくださってありがおうございます、と心の中で激しく感謝した(笑)。そして他愛もない話をしながら、美味しい料理を頂く。「む、お前・・・腕あげたなあ」

 

「ふふっ、そりゃ毎日やってたらねぇ・・・」「す、すいません・・俺も料理できるようになります」「そういうことじゃないって(笑)」

 

『ごちそうさまでしたー』2人そろって完食したあとは、2人で片づけをしてまったり。しばらくすると、佳織はサっと立ち上がって、冷蔵庫の中から何か取り出して、俺のところに戻ってきた。「はいっ、これ・・・・」

 

手渡されるものっていったらひとつしかない。四角くカットされてココアパウダーがまぶった、あの美味しい生チョコだ。さっそくひとつ口に運ぶ。

 

「あぁ・・・懐かしい味だな」「でしょ?」「お前、店出せるんじゃねえか?」

 

「いや?無理だよ、これ結構お金かかるんだから・・・」「え?板チョコ溶かすだけじゃねえの?」「クーベルチュールっていう高いチョコつかってるから(笑)」

 

「へ?」「普通の板チョコぐらいの大きさで、500円ぐらいするんだよ?」「そ、そうだったのか!!」

 

「そうそう。脂肪分が28℃ぐらいで溶けるから、口の中ですぐなくなっちゃう感じするでしょ?」「おぉ、そういわれれば」本気で、主婦業で終らせるのはもったいないなと思いつつ・・・

 

俺はその1年1回の味を堪能していた。「あ、もうひとつ・・・・」といってまた佳織は冷蔵庫に何かを取りに行った。

 

「へへっ、今日は・・・特別だからね」今度は、生クリームやミントで綺麗に飾られたショコラだ。どこの店で食うケーキよりも・・・、というか、世界一美味しかった。

 

「なんかアレだなぁ、バレンタインは結構いろんなことあったよなあ」「そうだね?!」「中2の頃は・・・泣きながら食ってたんだよなあ、チョコ」

 

「へぇ、そうなんだ」「んで中3のときはもらえなくて凹んで・・・・」「賢ちゃんがフったからでしょ。」

 

「うぅ・・・そうなんだが」「高1も高2も、義理っていうかー、買ったやつだっただろ?」「あ?あれね、だって、迷惑かな?って思ったんだよ」

 

「うむ・・・・」「で、3年の受験勉強真っ只中に・・・」「あはは、そうだったね?」

 

こんな話をしていたと思う。俺達は、バレンタインになるといつもこのことを思い出しては、話す。そして佳織から貰うものは、決まってあのチョコだ。

 

・・・今は子供が手伝うので、綺麗な四角ではないが。「おまえなあ、もうちょっと綺麗に切れよ!」「だって包丁こわいんだもん!!」

 

「はぁ?っ!?こわいっておまえ、おかーさんのほうがよっぽどこわいだろうが・・・・あだっ!!!」バスケットボールを俺に投げつけたのは、娘ではなく佳織だった。「お父さん!」

 

「す、すいません・・・」「わ?、パパ怒られてる?」「お前らは黙ってろ!!」

 

『お前ら』っていうのは、俺達は2つの命を授かったからだ。2卵生双生児で、男と女が1人ずつ。娘のほうは佳織によく似て生意気で強く、顔も昔の佳織にそっくりだ。

 

息子は俺によく似ている、と、佳織は言う。まあ、多分、娘は佳織に似て料理が好きだし、良い嫁さんになってくれることだろう。子供2人ともバスケが大好きで、休日といえば俺達4人でバスケをしに出かけた。

 

・・・少し話しが飛んだが、結婚式をあげたのはバレンタインデーで、そして子供が生まれたのはなんと翌年のバレンタインデー・・・俺達はよっぽど縁がある日なのかもしれない。結婚してすぐ、『まだたまに吉村さんを見かけるのでキモチワルイ』と佳織は言うし、それにいつまでも同棲してるのに2部屋あるのもおかしいだろう、ということで俺達は地元に戻って、佳織のおじいさんの代からある、使っていない荒地を頂いて、一軒家を建てたのだ。

 

金銭的にまだまだ厳しい部分もあるが、俺と佳織は同じ会社に就職し、一生懸命働いている。ある日の兄妹喧嘩・・・「お母さん!!こんな奴よりもっと優しい妹が欲しい!!」

 

「お母さん!!こんな奴よりもっと強い弟がほしいよ!!」俺達は、腹をかかえて笑った。こいつらも今度から小学生、そろそろ・・3人目か?なんて、思ったりする。

トップへ戻る